読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯言

30代サラリーマン、漢が好きなこと…車、音楽、ギャンブル、酒、遊び等々を中心にリアルに書きます

フリースタイルダンジョン SEASON 1 結果 勝敗


f:id:LdwiD9:20160726000256j:image

フリースタイルダンジョン

SEASON 1 全結果

 
【チャレンジャー1】

Dragon One


【1st BATTLE】
Dragon One VS T-PABLOW
4-1
3-2
【2nd BATTLE】
Dragon One VS サイプレス上野 
3-2
2-3
1-4 
 

LEON a.k.a. 獅子


【1st BATTLE】
LEON a.k.a. 獅子 VS サイプレス上野 
4-1
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー3】

SALVADOR 


【1st BATTLE】
SALVADOR VS 漢 a.k.a. GAMI 
4-1
3-2
【2nd BATTLE】
SALVADOR VS T-PABLOW 
2-3
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー4】

KOPERU 


【1st BATTLE】
KOPERU VS T-PABLOW 
4-1
2-3
1-4
 
【チャレンジャー5】

HELL BELL a.k.a.MC妖精 


【1st BATTLE】
HELL BELL VS サイプレス上野 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー6】
Kiss Shot 

【1st BATTLE】
Kiss Shot VS 漢 a.k.a. GAMI 
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー7】

CHICO CARLITO


【1st BATTLE】
CHICO CARLITO VS サイプレス上野 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
CHICO CARLITO VS T-PABLOW 
4-1
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
CHICO CARLITO VS 漢 a.k.a. GAMI 
2-3
3-2
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
CHICO CARLITO VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー8】

MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 


【1st BATTLE】
MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー9】

HIDE 


【1st BATTLE】
HIDE VS 漢 a.k.a. GAMI 
?-?
0-5 ※クリティカル
※第1戦はコンプラにより自主規制のため不明
 
【チャレンジャー10】

焚巻


【1st BATTLE】
4-1
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
焚巻 VS R指定 
2-3
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
焚巻 VS T-PABLOW 
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
焚巻 VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
【5th BATTLE】
焚巻 VS 般若 
1-4
3-2
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー11】

Lick-G 


【1st BATTLE】
Lick-G VS T-PABLOW 
1-4
3-2
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー12】

BALA a.k.a SHIBAKEN 


【1st BATTLE】
BALA a.k.a SHIBAKEN VS サイプレス上野 
1-4
1-4
 
【チャレンジャー13】

黄猿 


【1st BATTLE】
黄猿 VS T-PABLOW 
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー14】

ENEMY 


【1st BATTLE】
ENEMY VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー15】

掌幻 


【1st BATTLE】
掌幻 VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
掌幻 VS T-PABLOW 
2-3
4-1
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
4-1
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
掌幻 VS R指定 
2-3
1-4
 
【チャレンジャー16】

RACK 


【1st BATTLE】
RACK VS T-PABLOW 
1-4
1-4
 
【チャレンジャー17】

TKda黒ぶち


【1st BATTLE】
TKda黒ぶち VS サイプレス上野 
3-2
3-2
【2nd BATTLE】
TKda黒ぶち VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
 【3rd BATTLE】
TKda黒ぶち VS ACE 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー18】

言×THEANSWER


【1st BATTLE】
言×THEANSWER VS 漢 a.k.a. GAMI 
2-3
4-1
1-4
 
【チャレンジャー19】

D.D.S 


【1st BATTLE】
3-2
2-3
3-2
 【2nd BATTLE】
D.D.S VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー20】

DOTAMA


【1st BATTLE】
DOTAMA VS T-PABLOW 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
5-0 ※クリティカル
  【3rd BATTLE】
DOTAMA VS ACE 
3-2
1-4
4-1
【4th BATTLE】
DOTAMA VS R指定 
3-2
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー21】

GOMESS 


【1st BATTLE】
1-4
2-3
 
【チャレンジャー22】

PONY 


【1st BATTLE】
PONY VS T-PABLOW 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー23】

GADORO 


【1st BATTLE】
GADORO VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
5-0 ※クリティカル
 【3rd BATTLE】
GADORO VS Mr.Q 
4-1
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー24】

Mr.Smile 


【1st BATTLE】
黄猿 VS T-PABLOW 
2-3
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー25】

輪入道 


【1st BATTLE】
輪入道 VS 漢 a.k.a. GAMI 
2-3
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー26】

MEGA-G


【1st BATTLE】
MEGA-G VS 漢 a.k.a. GAMI 
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー27】

押忍マン 


【1st BATTLE】
押忍マン VS サイプレス上野 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
押忍マン VS T-PABLOW 
1-4
3-2
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
押忍マン VS 焚巻 
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
押忍マン VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー28】

MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 


【1st BATTLE】
MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 VS T-PABLOW 
3-2
1-4
2-3
 
【チャレンジャー29】

YZERR 


【1st BATTLE】
YZERR VS 漢 a.k.a. GAMI 
1-4
0-5 ※クリティカル 
 
【チャレンジャー30】

CIMA


【1st BATTLE】
3-2
1-4
3-2
 【2nd BATTLE】
CIMA VS 漢 a.k.a. GAMI 
3-2
2-3
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
CIMA VS T-PABLOW 
4-1
3-2
【4th BATTLE】
CIMA VS R指定 
2-3
0-5 ※クリティカル

 

フリースタイルダンジョン 結果 勝敗 全試合


f:id:LdwiD9:20160725225823j:image
 
【チャレンジャー1】

Dragon One

【1st BATTLE】
Dragon One VS T-PABLOW
4-1
3-2
【2nd BATTLE】
Dragon One VS サイプレス上野 
3-2
2-3
1-4 
 

LEON a.k.a. 獅子

【1st BATTLE】
LEON a.k.a. 獅子 VS サイプレス上野 
4-1
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー3】

SALVADOR 

【1st BATTLE】
SALVADOR VS 漢 a.k.a. GAMI 
4-1
3-2
【2nd BATTLE】
SALVADOR VS T-PABLOW 
2-3
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー4】

KOPERU 

【1st BATTLE】
KOPERU VS T-PABLOW 
4-1
2-3
1-4
 
【チャレンジャー5】

HELL BELL a.k.a.MC妖精 

【1st BATTLE】
HELL BELL VS サイプレス上野 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー6】

Kiss Shot 

【1st BATTLE】
Kiss Shot VS 漢 a.k.a. GAMI 
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー7】

CHICO CARLITO

【1st BATTLE】
CHICO CARLITO VS サイプレス上野 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
CHICO CARLITO VS T-PABLOW 
4-1
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
CHICO CARLITO VS 漢 a.k.a. GAMI 
2-3
3-2
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
CHICO CARLITO VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー8】

MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 

【1st BATTLE】
MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー9】

HIDE 

【1st BATTLE】
HIDE VS 漢 a.k.a. GAMI 
?-?
0-5 ※クリティカル
※第1戦はコンプラにより自主規制のため不明
 
【チャレンジャー10】

焚巻

【1st BATTLE】
4-1
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
焚巻 VS R指定 
2-3
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
焚巻 VS T-PABLOW 
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
焚巻 VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
【5th BATTLE】
焚巻 VS 般若 
1-4
3-2
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー11】

Lick-G 

【1st BATTLE】
Lick-G VS T-PABLOW 
1-4
3-2
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー12】

BALA a.k.a SHIBAKEN 

【1st BATTLE】
BALA a.k.a SHIBAKEN VS サイプレス上野 
1-4
1-4
 
【チャレンジャー13】

黄猿 

【1st BATTLE】
黄猿 VS T-PABLOW 
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー14】

ENEMY 

【1st BATTLE】
ENEMY VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー15】

掌幻 

【1st BATTLE】
掌幻 VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
掌幻 VS T-PABLOW 
2-3
4-1
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
4-1
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
掌幻 VS R指定 
2-3
1-4
 
【チャレンジャー16】

RACK 

【1st BATTLE】
RACK VS T-PABLOW 
1-4
1-4
 
【チャレンジャー17】

TKda黒ぶち

【1st BATTLE】
TKda黒ぶち VS サイプレス上野 
3-2
3-2
【2nd BATTLE】
TKda黒ぶち VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
 【3rd BATTLE】
TKda黒ぶち VS ACE 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー18】

言×THEANSWER

【1st BATTLE】
言×THEANSWER VS 漢 a.k.a. GAMI 
2-3
4-1
1-4
 
【チャレンジャー19】

D.D.S 

【1st BATTLE】
3-2
2-3
3-2
 【2nd BATTLE】
D.D.S VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー20】

DOTAMA

【1st BATTLE】
DOTAMA VS T-PABLOW 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
5-0 ※クリティカル
  【3rd BATTLE】
DOTAMA VS ACE 
3-2
1-4
4-1
【4th BATTLE】
DOTAMA VS R指定 
3-2
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー21】

GOMESS 

【1st BATTLE】
1-4
2-3
 
【チャレンジャー22】

PONY 

【1st BATTLE】
PONY VS T-PABLOW 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー23】

GADORO 

【1st BATTLE】
GADORO VS 漢 a.k.a. GAMI 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
5-0 ※クリティカル
 【3rd BATTLE】
GADORO VS Mr.Q 
4-1
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー24】

Mr.Smile 

【1st BATTLE】
黄猿 VS T-PABLOW 
2-3
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー25】

輪入道 

【1st BATTLE】
輪入道 VS 漢 a.k.a. GAMI 
2-3
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー26】

MEGA-G

【1st BATTLE】
MEGA-G VS 漢 a.k.a. GAMI 
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー27】

押忍マン 

【1st BATTLE】
押忍マン VS サイプレス上野 
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
押忍マン VS T-PABLOW 
1-4
3-2
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
押忍マン VS 焚巻 
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
押忍マン VS R指定 
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー28】

MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 

【1st BATTLE】
MC☆ニガリ a.k.a赤い稲妻 VS T-PABLOW 
3-2
1-4
2-3
 
【チャレンジャー29】

YZERR 

【1st BATTLE】
YZERR VS 漢 a.k.a. GAMI 
1-4
0-5 ※クリティカル 
 
【チャレンジャー30】

CIMA

【1st BATTLE】
3-2
1-4
3-2
 【2nd BATTLE】
CIMA VS 漢 a.k.a. GAMI 
3-2
2-3
5-0 ※クリティカル
【3rd BATTLE】
CIMA VS T-PABLOW 
4-1
3-2
【4th BATTLE】
CIMA VS R指定 
2-3
0-5 ※クリティカル
 

2nd Season

 
【チャレンジャー31】

KOPERU 

【1st BATTLE】
4-1
4-1
 【2nd BATTLE】
KOPERU VS R指定
3-2
4-1
※賞金20万円獲得
 
【チャレンジャー32】

MC KUREI

【1st BATTLE】
MC KUREI VS T-PABLOW
2-3
0-5 ※クリティカル 
 
【チャレンジャー33】

USU

【1st BATTLE】
4-1
5-0 ※クリティカル 
 【2nd BATTLE】
USU VS CHICO CARLITO
1-4
1-4
 
【チャレンジャー34】

句潤

【1st BATTLE】
句潤 VS 漢 a.k.a. GAMI
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー35】

 崇勲

【1st BATTLE】
崇勲 VS T-PABLOW
5-0 ※クリティカル 
 【2nd BATTLE】
崇勲 VS DOTAMA
3-2
3-2 
【3rd BATTLE】
崇勲 VS CHICO CARLITO
5-0 ※クリティカル 
【4th BATTLE】
崇勲 VS R指定
5-0 ※クリティカル
【5th BATTLE】
崇勲 VS 般若
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー36】

RYOTA

【1st BATTLE】
RYOTA VS 漢  a.k.a. GAMI
1-4
2-3
 
【チャレンジャー37】

はなび

【1st BATTLE】
2-3
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー38】

黄猿

【1st BATTLE】
黄猿 VS CHICO CARLITO
1-4
2-3
 
【チャレンジャー39】

田中光

【1st BATTLE】
田中光 VS DOTAMA
1-4
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー40】

TARO SOUL

【1st BATTLE】
TARO SOUL VS 漢  a.k.a. GAMI
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー41】

HIDADDY

【1st BATTLE】
HIDADDY VS CHICO CARLITO
4-1
3-2 
 【2nd BATTLE】
5-0 ※クリティカル 
【3rd BATTLE】
HIDADDY VS R指定
2-3
2-3
 
【チャレンジャー42】

龍道

【1st BATTLE】
龍道 VS T-PABLOW
4-1
4-1 
 【2nd BATTLE】
3-2
5-0 ※クリティカル 
【3rd BATTLE】
龍道 VS DOTAMA
3-2
3-2
※賞金30万円獲得
 
【チャレンジャー43】

NONKEY

【1st BATTLE】
NONKEY VS 漢  a.k.a. GAMI
4-1
3-2
 【2nd BATTLE】
NONKEY VS R指定
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー44】

PONY

【1st BATTLE】
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー45】

スナフキン

【1st BATTLE】
スナフキン VS DOTAMA
4-1
5-0 ※クリティカル 
 【2nd BATTLE】
スナフキン VS T-PABLOW
3-2
4-1 
【3rd BATTLE】
スナフキン VS CHICO CARLITO
5-0 ※クリティカル
【4th BATTLE】
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー46】

REIDAM

【1st BATTLE】
REIDAM VS T-PABLOW
0-5 ※クリティカル
 
【チャレンジャー47】

GASHIMA

【1st BATTLE】
GASHIMA VS 漢
5-0 ※クリティカル
 【2nd BATTLE】
GASHIMA VS CHICO CARLITO
3-2
4-1
【3rd BATTLE】
GASHIMA VS DOTAMA
2-3
3-2
1-4
 
【チャレンジャー48】

Lick-G

【1st BATTLE】
Lick-G VS CHICO CARLITO
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
Lick-G VS サイプレス上野
1-4
0-5 ※クリティカル

 

【チャレンジャー49】

掌幻
 

【1st BATTLE】

掌幻 VS DOTAMA

2-3

5-0 ※クリティカル

【2nd BATTLE】

掌幻 VS サイプレス上野

0-5 ※クリティカル

 

【チャレンジャー50】

TKda黒ぶち

 

 【1st BATTLE】
 TKda黒ぶち VS T-PABLOW
4-1
1-4
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
TKda黒ぶち VS 漢 a.k.a GAMI
4-1
0-5 ※クリティカル
 

 【チャレンジャー51】
GADORO

 
【1st BATTLE】
GADORO vs CHICO CARLITO
2-3
4-1
5-0 ※クリティカル
【2nd BATTLE】
GADORO vs 漢 a.k.a GAMI
4-1
5-0 ※クリティカル

 
 
 
 

サマソニ レビュー アリーナから見た真実 2011-2012年

2011年

f:id:LdwiD9:20160721233913j:image

Hollywood Undead

初出の2年前とはリードヴォーカルが変わり新しいアルバムを出したタイミングでの出演
 
2年前に比べて安定感が出て多少マシになったけれど、セトリが微妙
もっと上がる激し目な奴を揃えれば良かったのに
死に損ないと自称する割にはハートウォーミングな内容 違うって
 

Zebrahead

みんな大好きゼブラヘッド兄貴
AnthemとかPlaymate of The Yearとか鉄板ソングはもちろんのこと下ネタ満載でヘッズのハート鷲掴み
アヴリルのGirlfriendのカバーなんかもやって抜群に楽しいステージでした
  

マキシマムザホルモン

ヘッドライナーでレッチリが出るから対策で上原が赤パンを履いていた
気合い十分
正直かなり浅くしか聞いてなかったけれど
(予習したアルバムはぶっ生き返すのみ)
気がつけば首を振ってる自分がいた
 
亮君は想像していたのより遥かにクリーンボイスだし、対照的にダイスケはんはデスボイスがよく出てる。ナヲは恵体を生かしてのパワフルさを持ち合わせてるし、日本代表のラウドロックも悪くないと思えた
 
メガラバは大合唱でした 
 

X JAPAN

ジャパニーズロックシーンで存在が偉大すぎてもはやギャグな領域にいるX
 
一曲目終わっただけで「日本暑いね」ってステージに座り込むYOSHIKI様がいたり
新旧織り混ぜながら展開するなかでのYOSHIKI様のMCがあったり…
 
YOSHIKI様 said
「hideを亡くして、Taijiを亡くして、震災で多くの人が亡くなって…」
「亡くなった人に捧げたいと思います。みなさんも祈って下さい」
「ヴォグトォォォォ(黙祷の意)」
 
不謹慎ながらも笑ってるヤツがちょいちょいいた。自分もその一人です。すいません。
YOSHIKI様の御言葉があまりにも激情迸るもので、反動で笑ってしまいました。スイマセン…

Toshiの出なくなった高音も聞けたし、Sugizoさんは相変わらず美しく十字架を背負っているようだった。
PATAくらいになるとモニターに映るだけでみんなを笑顔にしたし、HEATHは相変わらず空気感を出すのが上手かった。
 
みんな食い入るように一挙一動を監視していたし伝説が生まれる瞬間を目撃したかった。
 
欲しかった「紅ダァァァ!!」も見れたし、「イアイダー(気合い入れろの意)」も見れた。
 
ラストはYOSHIKI様の発声する
「We Are」に対する「X」の掛け合いで幕を閉じた
 
生ける伝説そのものであり、もはや存在自体がギャグなX JAPAN
 
闇鍋的な魅力を持つサマソニにおいてもひたすら劇物のような臭気を放っていた
 
意外だったのは黒ずくめの女達が意外と少なかった事
 
たかだか7 8曲聞いただけなのにその後X JAPANブームが個人的に訪れました。
 

Red Hot Chili Peppers

みんな大好き、レッチリ。つかもはやホッチリ
元々人気があった所でデスノートの主題歌にも起用されて、アルバムを出したタイミングでの来日、サマソニ参戦
 
演奏開始前からアリーナで押し合いが始まり、By the wayで幕を開けた瞬間猛烈なプッシュに襲われた
もはやモッシュとかダイブとかする余地もない、乗車率300%の京王線を遥かに凌駕する込み合い方
息をするのも苦しい。暑い、重い、臭い
レッチリくらいの存在になるともはや何を演ってもヒットメドレーだし、同時に何を演っても批判がつきまとう。
 
フルシアンテ伯亡き後でもジョシュがしっかりレッチリ節を聞かせるし、アンソニーは相変わらず消化試合的なビジネスライクな歌い方、フリーも相変わらずだ
 
しかしあまりにもアリーナは混みすぎてた。朝から酷使した身体にも限界が訪れて、目当てだったOthersideを聞いてマリンの外に出てしまった。
 
すると夜風が気持ちいいこと。
終盤に向かうに連れてファンク寄りのセトリで初期に寄せてくる感じだった。
こんなホッチリの聞き方も悪くないなと思ってたらすぐに音が鳴り止んで花火が上がってしまった。
 
この年のマリンはアゲ方の上手いバンドが多かったからか悔しいけどレッチリ完走まで持たなかった。
 
楽しくても改めてペース配分と水分が必要なのだと感じた。
 

2012年

f:id:LdwiD9:20160722004254j:image

Lostprophets

元々好きで良く聞いていたが、ボーカルの人が登場した時に想像よりもはるかに小柄で華奢な体型に衝撃を受けた。
さながらhydeショック158!

華奢なせいかヴォーカルが弱すぎる。スクリームやシャウトは筋肉隆々なベースの人が担当してたし
 
RooftopsもLast Train HomeもBurn BurnもShinobi vs Dragon Ninjaもカッコイイんだけど声が出てないから萎える
 
どんなイカしたリフを刻んでも、どんな素晴らしいコーラスワークでも結局はメインヴォーカルが弱いとショボく感じてしまう。
ロスプロだけじゃない。どのバンドもそう
 
余談だが、ヴォーカルのイアン ワトキンズは
ゲイかつロリコンかつ獣姦好きな生粋の変態野郎 懲役35年を喰らって服役中
バンドも2013年に解散している
実は179cmと小柄ではないが間違いなく詐称している ダブル役満クラスの変態野郎
 

吉井和哉

のっけからイエモンの楽園で始まり痺れた
もしかしたらこれはJAM歌ってくれるかもしれないと予感
途中でどしゃ降りの雨が降ったと思ったら雨がピタッと止んでラストにJAMを演奏
 
JAMのチャーチが鳴った瞬間歓声が上がり涙腺を刺激する
炎天下と突発の雨のせいで客は少なかったけどみんな歌ってた
やはりイエモンとしての吉井さんが見たいんだよな。
 
煩悩コントロールとかも良かったけれどやっぱりJAM!
これを聞けただけで、もう帰っても良いとさえ思えた。
 
JAMが鳴り止んで促されてステージの反対側の空を見ると虹がかかっていた。
 
冒頭の楽園から途中のどしゃ降りから最後のJAM、そして虹まで…
正直出来すぎた演出 素晴らしかった
 

Franz Ferdinand

正直JAMの余韻が強すぎて然程見てない
Green Dayの為に体力残しておきたかったし
 
最後みんなでタイコ叩いてたなーくらいの印象
 

Green Day

この日の大トリGreen Day
ビリーがパワフルすぎて圧倒される
小さな巨人のようで、背丈よりも何倍も大きく見える やはりキャリア長いバンドは見せ方が上手い
2000年代初頭のパンクブームもあって第1回のサマソニヘッドライナーを勤めた彼らが13回目もヘッドライナーを張るのに相応しいパフォーマンス
 
客が欲しがるヒットナンバーはもちろん全部やってくれる

Baskets CaseとかMinorityとか往年の名曲は言うまでもなく素晴らしい 自分も何度か宙を舞った
 
そして21st Century Brakedown収録曲が結構ライブ映えするのに驚いた
CDで聞くのよりも遥かにカッコイイ
 
Green Dayのライブ力の高さはもの凄い
歴代見てきたバンド、アーティストの中でも上位に入る完成度
 
スタンダードなパンクよし
ミディアム曲よし
バラードよし
 
流行り廃りの中で忘れがちだけどGreen Dayは超カッコイイ優良バンドだ
 
次の来日はいつになるのか…


 


サマソニ レビュー アリーナから見た真実 2009-2010年

2009年

f:id:LdwiD9:20160720220454j:image

Hollywood Undead

事前の予習で聞いてみて完全にRockされた
二日目のマリントップに相応しくなかなかの熱量、熱い
予習してきたからそれは嬉しい!
しかし歌と演奏は下手くそ 完全に熱さだけのバンドだった。サマソニらしい
 

Placebo

スタンドで見ていて、バンド名の由来通り見てて変な気分になった。
演奏力は高いけど変な曲。ヴォーカルが吸血鬼の血族だと確信した
 

Hoobastank

初っぱなのJust Oneから明らかに前出のバンドと観客の反応が違った
ラストのThe Reasonまでもの凄い一体感
ダグラスは「SUGOI」を連呼し終始笑顔
そして観客のそれに呼応するように素晴らしい声量
確実に持ち時間足りなかった
Hoobastankを再評価した瞬間だった。
  

B'z

始まる前、Hoobastankの一体感とはうって変わって
「邦楽イラネ」「B'z帰れ」的なオーディエンスばかりのネガティブな空気
今のサマソニでは考えられない程の自国アーティストなのにアウェイ感
前線にいながらも腕組みしている客もいた
 
しかし、そこは国内No.1ロックバンド
客の欲しているモノを差し出すし
熟練の盛り上げかたを知っている。
気づけば腕組みしてた奴らも手を上げて
振り返ったスタンドは人がパンパン
特にUltra Soul  Calling  BANZAIの一体感が素晴らしい
 
演奏前はDISの声ばかり聞こえてたアリーナも終わってみればイイ笑顔
  

Linkin Park

ステージに出てきた時の王者の風格と言うかヘッドライナー感は流石のものがあった
しかし、序盤の盛り上りとは裏腹に中盤の中弛みが酷い
実際に前線を離脱するオーディエンスも多かった。
今思えばその後のリンキンの出したい音楽性を表現していたのかもしれない。
(アルバムで言う4thの前兆)
  
がしかし、
ラストのBleed It Out,Faint,One Step Closerの3打席連続ホームランとも言える流れ
「俺達が求めてたのはこれだぞ!もっと早く出せよ」
と言わんばかりの盛り上り
 
特に締めのOne Step Closerは場外ホームラン級
「Shout up talking to you Shout up!」
とシャウトした時のアリーナの揺れ方は凄まじく、さながら震度8はあったのではないか
 
絶頂からブレイクした瞬間にうち上がった花火も美しく、最後に全てを出しきった。
欲しかったリンキンとサマソニが此処にあった。 
ありがとうリンキン
またきてねリンキン
 
  

Lady GaGa

リンキンが終わって少し小走りに行けばガガに間に合うタイムテーブルのお陰で
マリンからメッセに流れる人は多かった
 
正直、ガガは好きだけど造り出された流行の一環と捕らえていた。しかし度肝を抜かれる程の声の張りと演出のストイックさ 
 
ガガやん本物だ!
しかし炎天下のマリンで疲れてた。前には行く気になれず締めはPoker Faceだろなと思いながら
アルバム収録曲の何曲消化したか指を折ってしまった。
 
 

2010年

f:id:LdwiD9:20160720233505j:image

All Time Low

初聞の客も分かりやすいパンクス
演奏もイイのに客が少なすぎる
有りがたいが勿体ないバンドだった
ある意味サマソニに殺されたバンドかもしれない
 

Kreva

日本語ラップ界においてはなかなかの評価を得ていたし、それまでのアルバムを切り取ってもまずまずの売上を誇っていた。
 しかしながら会場に流れる小寒い空気
自己満のためにカラオケでラップを入れて案の定盛り上がらない形相にもよく似てる。
全く盛り上がってなかった。
ある意味あの状況でステージング出来たKREVAが凄いと思う。
ステージから去って、一人になって赤面しなかったのか?
つか音感を養ってからシンガーやれよ
下手過ぎる
 

矢沢永吉

寒過ぎるKREVAのライヴの後の大御所
ヤザワ軍団が騒いでたのも相まってなかなかの盛り上り
YAZAWAも還暦迎えるけど塩舐めながらステージに立ってます」ってシビれる。
イイ歳してマイクスタントも綺麗に舞う
ラストの「時間よ止まれ」の盛り上げながらもチルする感じが大人ロックでした
世代じゃないけれど完全にヤられてしまった。
 
YAZAWA軍団はライヴが終わった後綺麗に帰っていった。みんな白スーツだったな
 

NaS

歴史的名盤illmaticからの楽曲も多くナズと言うかヒップホップファンからしたら堪らない珠玉揃いなんだけれど…
 

炎天下にNaSは似合わない

今更ながら思わず太字にしてしまいたくなる程似合わない。
運営側はNaSJay-Zが同じステージに立ったって事を遣りたかったんだろうけれど
残念、滑ってますから
歴史的な対立関係なんてそこにいた客の何割が知ってたかな
全く盛り上がらず終わった。
  

Nickelback

Somthing In Your Mouthで始まりまたまたアリーナは熱気を取り戻した
やはりサマソニの観客は熱くノリやすい曲を求めてたいるのだと分かる
 
「売れてるのに叩かれてるバンド」かつ
「売れてるから叩かれてるバンド」
の2つの悪評をUSで得ていた
曲も演奏力もルックスもどれも悪くはないけど、ボーカルの人の髪型がダサすぎた
 
事前にサッシャが伝説のあの曲と呼んでいた
How You Remind Meはフツーだった
もちろん悪くはないけど、特筆することも無いくらい超普通
 

The Offspring

死を覚悟した
 
それほどに激しいモッシュとダイブの嵐
一見マジメ君のような奴も筋肉隆々もれなくタトゥー入りの彼もその彼女も狂ったかのように暴れまくる
パンクバンドのアリーナ前方での掟は守られる

死を覚悟する。でも楽しい!

アリーナの混沌とした状況とは逆に淡々と演奏するバンド
MCもほとんど無く煽りもない
曲を演れば勝手に盛り上がる事を知ってるからか余計な手は加えない
それがカッコ良かったし最高にクールだった
 
激しさの中に穏やかさと言うか
Kristy,Are You Doing Ok? なんかも入れて
緩急使い分ける 上手い流石である
 

Jay-Z

ヒップホップ界の帝王
グラストンベリーのヘッドライナーを勤めた事もあるラッパーは伊達じゃなかった。
自分がフューチャーされた曲もさながら自分の曲であるかのように惜しみもなく使い
気がつけばヒット曲のオンパレード
確かにCrazy In LoveからUmbrellaからEmpire State of MindからNumb/Encoreから好きなように使えばあれもこれもそれも知ってる
どれも歌える‼
当時リリースしたばかりのBP3の曲も随所に散りばめて飽きさせない
 
やはり大御所はステージの見せ方を知っている。ステージングが上手い
 
同じラッパーで同じステージに立ったKREVANaSと演者として雲泥の差があった。 
 
Jay-Zがヒップホップ界の帝王と呼ばれる由縁が詰まっていた

続く
 

 





真の天才ラッパー リルウェイン


f:id:LdwiD9:20160715104449j:image

生きている中で最高のラッパー


Lil Wayne - Lollipop ft. Static - YouTube
 
Eminem Jay Z Dr.DreからDrake Wiz KhalifaまでHip Hopで大金や名声を得たラッパーはたくさんいる。誰がNo.1か決めるのは難しい。
だけれど、間違いなく言えるのがリルウェインこそが真の天才だ!!
 
自分自身を

生きている中で最高のラッパー

とも

オレはもはや人類を超えた存在

とも表現する男。
 
ビッグマウスなラッパーはいるけども、ここまで言えるラッパーはリルウェインしか居ない。
 
犯罪歴があり、逮捕歴がありジャンキーで隠し子が十数人いる。
Lilと言う位背は低く165cm 顔は不細工だし、下品なタトゥーに汚い編み込み。
声は独特すぎるし、粘っこい。
歌詞の内容も綺麗ではない。
だけど自分を

生きている中で最高のラッパーだと言い切る

 
おおよそ受け入れ難い存在なのに、むしろ自分を超カッコイイと思ってるに間違いない。女からモテまくり、アルバム出るとなったら大騒ぎ、実際レコード売れまくり!
 
そしてラッパーなのに、

もはやラップしてない。歌ってる。

ラップと歌の中間のような変な曲

そしてその歌がまぁまぁ下手くそでちょいダサイ。
 
ラップと言うかむしろお経みたいな曲もある。

ダサイ…

しかし本人は

最高にイケてる

と信じて止まない。

 

もうここまで来たら、

天才の域、つかむしろ天才

この先、リルウェインを超えるラップ界の天才は現れないのではないか?

不安さえ覚える

 



 

Zeebraとkjの因縁 日本語ラップシーンに輝く名パンチライン

日本語ラップにおける名パンチラインがある。
ひとつはDragon Ash ft. ACO ZEEBRAのGrateful Daysでの
「俺は東京生まれヒップホップ育ち 悪そうな奴は大体トモダチ」
もうひとつは、これもZEEBRAが絡むのだが、
キングギドラ公開処刑ft.BOY-KENでの1ヴァース
「オメェのGrateful Daysも今日まで」
 

公開処刑 キングギドラ 高音質 - YouTube
 
Grateful DaysでのkjとZEEBRAのフューチャーは、
当時盛り上がっていたジャパニーズヒップホップシーンで友好的な共演だった。
 
当時、シーンをアゲる有望な若手とアングラな時代からシーンを支えてきた先駆者的存在の共演。
実際にGrateful Daysはミリオン近い売上を誇り邦楽においてジャパニーズヒップホップをオーバーグランドに押し上げた歴史的名曲だった。
  
ラップを知らない人もこの曲を口ずさみ、ZEEBRAって誰?って人も「俺は東京生まれヒップホップ育ち~」の名パンチラインは知っていた。
 
確実にジャパニーズヒップホップシーンに火が灯った瞬間だった。 

 
これを機にkjを中心にさらにジャパニーズラップシーンが盛り上がっていくように思えた。事実、チャートにラップは増え、先人ラッパーは再評価され雨後のタケノコのように新しいラッパーも量産された。
 
しかし2002年にキングギドラがドロップしたアルバム「最終兵器」収録の「公開処刑」は当時HEADSだった自分も痺れた。
あの共演は壮大なイントロにも思えるほどの攻撃
 
それ以前からZEEBRAはKjをDISしていたらしいけれど、これだけ直接的な表現で公の場での非難はKjもカナリのダメージを受けた事だろう。
 

今のファッション化したDISとは怒りのレベルが違う

Kjは相当なダメージがあったのかそれ以降明らかに作風が変わった。ラテン系やボサノバ系サウンドを取り入れ出したり、それはそれでアーティスティックではあったのだけれど、当時のDragon Ashファンが欲している音ではなかった。迷走してる感じさえあった。
 
さぞかし悩んだ事だろう。DISをヒップホップの要素と考えるZEEBRA。それに対しKjは音楽で和をなしたいタイプだからかアンサーは出されなかった。
あそこまでのDISで何も言うことが出来なくなったのだろう。
 
さながら8mileでのエミネムが最後にバトルに勝ったときのようだ。
  
Kjがヒップホップシーンから離れるに連れて、ほぼ同じ頃からヒップホップ人気に陰りが見え始めてきた。
実証は出来ないけれど無関係とも言いがたい。
 
当時、Kjこそが一番上手く、一番違和感無くラップをJ-POPに組み込めた。
万人ウケするラップミュージックを上手に作れたのはKjの才能であったのは間違いない。


Only Holy Storyなんかは今でも十分聞けるサウンドだと思う。
 
しかし御大ZEEBRAからワックのレッテルを貼られてしまったKjはそれ以上ラップを書くことが出来なくなってしまった。
 
ジャパニーズヒップホップシーンの才能を失ってしまったのは悲しい事だったが、やはりZEEBRAのDISのエネルギーはすさまじい。 
 
ヒップホップを広く裾野まで拡散させたのがKjだとしたら、
ZEEBRAは「公開処刑」と言う言葉を広く認知させた張本人だと思う。
  

そしてキングギドラの「最終兵器」はclassicとなった。

  
英雄が去った後、ヒップホップは再びマイノリティかつアングラなものになってしまったがヒップホップは死んでいなかった。
 
地下闘技場では漢のようにバトルで名を馳せるMCも出てきたし、
リアルなストリートライフをラップするAnarchyやAK-69なんかもプロップスを得るようになった。
 
D.Oさんの言葉を引用すると「新しいスペースが生まれた」と言う事だろう。
 
逆に売れ線狙いの童子-TやSould Outなんかはボロクソに叩かれた。セルアウトだと。
 
 

ヒップホップの現状と未来

近年、ジャパニーズヒップホップシーンはかつての栄光を取り戻せる所まで来ている。
 
UMBやKOK、罵倒に戦極、高校生ラップ選手権や社会人ラップ選手権もそう。
音楽番組が減っている現状でフリースタイルダンジョンのような番組が生まれ注目を浴びていることも盛り上りを物語っている。
 
一昔前に比べて、一般人も入って行きやすい環境が出来てる。
  
進化を重ねるジャパニーズヒップホップ!
一昔前のようにラップを駄洒落やら親父ギャグと思っている人も減った。
自分はAKLOのRGTOを聞いた時に、ジャパニーズヒップホップもここまで来たか!と感動を覚えた。
 
 
 
今、Grateful Daysばりに特大ヒットのラップが生まれたらジャパニーズヒップホップシーンはもっと面白くなると思う。
  
 
その時はジブさんの何て言うかな?

ハーデスの天井狙いは結局何ゲームからが良いのか?



f:id:LdwiD9:20160713130232j:image

アナザーゴッド ハーデス 天井と恩恵

天井 AT間1580G 
※即発動ではありません。前兆最大32G
※ペナルティにより延びる可能性あり
 
恩恵
プレミアムオブハーデス確定
 

プレミアムオブハーデス性能

最低保証+100G
継続G数 10G+α
冥王図柄揃い 約1/9
冥王図柄揃いする毎に+100G
更に冥王図柄揃いの20%でコンボフリーズ
(図柄が逆回転 当選の度に+100Gの0G連)
 
平均上乗せ +300G
 

 



f:id:LdwiD9:20160713130419j:image

解析サイトは嘘ばっか! 

解析サイトにある天井期待枚数1750枚やら狙うなら750G~なんて情報嘘ばっか!

そんな立ち回りしてたら間違いなく負ける。

 

だって1750枚って純増3枚で計算してもざっくり580Gは回せないとダメだし

750Gから打つってことは830Gも天井到達まで資金投入続けないといけない。50枚28Gの回転数で考えたら約3万必要になってくる。

 

リアルな話、ハーデス出てきたは良いけど上乗せ無しでJUDGEMENT終了なんて多々ある。10Gの内に1/9の冥王図柄いは約70%だから残り30%は何も出来ずに終了


f:id:LdwiD9:20160713130204j:image

ハーデス降臨での上乗せ期待Gは+200Gではないか?たかだか600枚の期待枚数

GG消化中に乗せる事があるけど、+30Gとか+50Gが良いとこ。

そもそも天井行くような低設定の可能性が高い台!!子役引いても駆け抜け余裕すぎ

200G中に+30Gして690枚取れたとしても、

天井到達後、最大前兆32GとAT終了後32G回す事を考えると、そこで約100枚は使う。

差し引いてアバウトに天井期待枚数は600枚で考えると…

 

1244G以上で打ち出して、天井到達して1回以上冥王図柄を揃えればトントンまでは持っていれる!しかーし、現実的ではない!!

1245Gで落ちてるハーデスなんて見たことないし、そんなG数で止めるにはよっぽどの理由があるのだろ。

 

実際に1000G越えてる台は見つけられたらすぐタバコ投げ込まれる。

落ちてる台は800超えのHZ高確抜けの台くらいなもん

 ハーデス様 GOD上手い方、天井狙いなら何Gから打つべきか教えて下さい。


f:id:LdwiD9:20160713130334j:image